かまぼこ屋がお伝えする日本の暮らし

春を待つ 如月の汐風シフォン

春を待つ 如月の汐風シフォン

日中の陽射しが温かい日が増えてきました。いよいよこの冬も終わりを告げようとしています。

振り返ってみると、ギリギリまで温かさが続いたこの冬は寒いなぁと思う日は本当に少なかった気がします。それでも、年明けは冷え込む日も多くありましたね。

どんな冬でもその寒さを越え、また新しい春が必ず来ます。
苦しいこと、辛いことがあっても、その先には必ず明るい未来が待っているのですよ!

 

さて、昨年から続いております汐風シフォンのご紹介です。

2月は“よもぎシフォン

色は、香りはおもいっきりよもぎ

 

苦いスウィーツは苦手!無理!という方も少なくないと思います。

実は私もその一人。
スウィーツならスウィーツらしく甘く在ってほしい、ベリーなどの酸味は別として、苦みはなぁ~。。。
見た目もめちゃ緑だし。

よもぎシフォン

あー、甘納豆?!入ってる★

甘納豆に誘われて一口パクリ。苦い。

でも、苦みの後に甘さとよもぎの良い香りが抜けます。

よもぎもちを食べたときに、おもちの甘味でよもぎの苦みが香りを楽しむことにシフトしているように、シフォンケーキの卵の甘味がよもぎの香りと調和しております!!

そしてにらんだ通り、甘納豆が良い仕事をしている!

ふわふわ食感、よもぎの香り、甘納豆の舌触り、甘味、

順に舌を通っていき、気づけばお皿からシフォンケーキは無くなっていました。。。

ちょっとわからなかったから、もう一切れ食べておこう。

 

危ないアブナイ、

毎度同じご注意で申し訳ありませんが、

シフォンケーキという特性、またこの幸せを感じる美味しさのせいで

汐風のシフォンはあっという間に食べられてしまいます。

くれぐれも食べ過ぎはどうぞご注意くださいませ(TT)

よもぎシフォン

 

春を待つよもぎの季節。

まだ朝晩寒くなったり、気温の変化も激しく体調を崩しやすい季節です。

よもぎは体を温め、乱れる自律神経を整えてくれる効果もあるようです。

温かい飲み物とよもぎシフォン。

旬のものを楽しみながら、体をいたわる優しい時間を持ってみませんか?

 

よもぎシフォンは2月いっぱいの限定です。

ぜひ、汐風カフェへお越しくださいませ。

→汐風カフェはこちら

関連記事