かまぼこ屋がお伝えする日本の暮らし

春を待つ 美味しい桜 見つけました

春を待つ 美味しい桜 見つけました

いよいよ春が来たな~、と思った矢先に冷たい朝。
思わせぶりな春に振り回される3月ですね。
ラジオのパーソナリティの女性が
冬将軍と春の女神の綱引き、なんて上手に表現していました。

必ず訪れるとわかっていても、春が来る前はなんだかワクワク待ち遠しいですね。
灰色が黄色やピンクに変わる、色で考えると劇的な変化、
鈴廣にも春を想う、ピンク色の商品が登場です。

汐風カフェのシフォンケーキ、
3月のお味は

“桜 さくら”

です。

2月の“よもぎ”に続き、大人が好きなお味ですね。

子どものころ、桜餅や桜のおまんじゅうなどは
独特の香りがして食べられなかった記憶があります。
あのなんとも渋い、香り高い、塩気。
大人になると、こんなに美味しくて心弾む香りは他にないと思うようになりました。

シフォンケーキにするとどんなお味になるのでしょうか。
食べないと、わかりませんよね★(食べますよ!!)

桜シフォンケーキ

うっすら優しいピンク色の生地、ふわっと香る桜、
袋を開けただけで幸せな気分になります。

ふんわりしゅわしゅわなシフォンケーキの食感、
たまごの甘さの中に桜の香りと微妙な塩気があいまったお上品なお味です。

桜シフォンケーキ
よく見ると、ちらほら桜の塩漬けも混ぜ込まれています!ちらほらなのが良いバランスなのでしょうね。。

 

 

 

 

強すぎると嫌味な感じが出てしまう桜、ちょうどいい具合に香るよう配合するのが難しいのでしょうねー。
美味しくいただいて、春を待てそうです。

 

わくわくする春に、今回はもう一つオススメがあります!

春だけの桜ソース

汐風カフェに隣接している汐風の果樹園では
「小田原の旬」シリーズとして地元の素材を活かした
ジャムやドリンク、ソースを販売しています。

シフォンケーキと同様に、
定番商品とは別にその季節だけのお楽しみがあります。

4月末までの限定で登場するのが、この“桜ソース”。
透き通るようなきれいなピンク色です。
一体どんなお味なのでしょうか??

春だけの桜ソース
ジャムよりはゆるく、でもサラサラ過ぎないソースです。
瓶を開けたそばから、ピンとした桜の香りがしてきました。

 

味を見ていろいろ想像してみましたが、合わせてみたいなと思ったのがヨーグルト。
ぼってりとした重い甘さではないので、さっぱりした無糖のヨーグルトに合うのではないかと?
ヨーグルトで楽しむ桜ソース
合いました★ 渋くて、美味しい。

以前イチジクが入ったヨーグルトを食べたことがあり
それは渋すぎてちょっとな、と思った記憶がありました。

しかし今回の取り合わせでは、甘くないヨーグルトの酸味と甘い桜の渋み、
渋くて美味しい。これは新しい発見じゃないかと思います。

独特の風味だからこそ、新たな組み合わせを発見できるかも?
例えばお肉やお魚、野菜のお浸しなんかにお醤油とちょこっと合わせてかけてみたりとか
どうでしょうか??

わくわくの春ですね~、いろいろなアイデアが浮かんできます。
お料理好きの方にぜひおすすめしたいです。
もちろん季節を愉しみたい甘党の方にも!

 

最後に、とっておきの発見をひとつご紹介。
贅沢コラボ!桜シフォンケーキ
桜シフォンに桜ソースがけ!!
贅沢ですよー、これは!!!

共に甘いので甘過ぎるかな?と心配しましたが、
シフォンの優しい甘味と透き通ったキレのあるソースの甘味、
けんかすることなく程よいアクセントになっていました。

すっきりとしていますが、念のため甘いものがニガテな方には苦めの珈琲か紅茶をご用意ください。

 

桜のシフォンケーキは3月末まで、
桜ソースは4月末までのお楽しみです。

ぜひ汐風カフェへお越しください。

→汐風カフェはこちら

関連記事